お問い合わせ

前へ
次へ

ごあいさつ

 2024年の第42回年次大会を駒澤大学駒沢キャンパスにて開催させていただくことになりました。駒澤大学での開催は1992年の第10回大会以来32年ぶりの開催となり、身の引き締まる思いで準備を進めております。会期は9月13日から15日の3日間で、大会プログラムとして一般発表、各種シンポジウム、特別講演を予定しております。
 年次大会会場として使用する130周年記念棟は種月館という名称がついており、禅語の「耕雲種月(こううんしゅげつ)」がその名の由来となっています。この“耕雲”とは、雲の下で耕すこと、“種月”とは月の照らす中で植えることを指し、あわせて労苦をいとわず耕作して種をまく、つまり、修行に精進することを指します。まさに学問について議論、学術交流をするうえでふさわしい建物といえるでしょう。また、懇親会は近代数寄屋建築の創始者である吉田五十八氏の設計監修により建設された旧三越シルバーハウスの洋館にて行う予定です。この建物はドラマの撮影でもたびたび使用されており、その外観をご覧になった方もいらっしゃるのではないかと思います。ぜひ近代数寄屋建築の粋である会場での懇親会もご堪能いただければと思います。
 現在、本学はキャンパス再開発工事の最中にあります。その工事期間の中での開催となるため、会期中にご不便、ご面倒をおかけすることが多々あるかと思います。そのような中での開催ではありますが、参加者のみなさまが活発な議論、交流を行うことができる快適な環境をできる限り準備させていただくつもりです。それではみなさまのご来場を心よりお待ちしております。

   

日本行動分析学会第42回年次大会準備委員会
委員長 久保 尚也

日本行動分析学会はダイバーシティ・ポリシーを制定いたしました。本年次大会は日本行動分析学会ダイバーシティ・ポリシーに従って開催致します。ポリシーをご一読のうえ、年次大会にご参加いただきますようお願い致します。

新着情報

2024年5月15日
参加案内のページ内の[4.諸費用一覧内」に諸費用の課税区分に関する説明を掲載しました
2024年5月9日
「託児室について」を掲載しました
2024年4月20日
第1号通信アップしました
2024年4月20日
第42回年次大会のホームページを公開しました。

各種ダウンロード

今後の主な予定

●発表をされる方(期日)
・予約参加申込み:5月31日(金)→ 6/14(金)
・研究発表・公募自主企画シンポジウム 採択通知:6月14日(金)→ 6/28(金)
・抄録原稿提出:7月26日(金)
・諸費用納付:5月31日(金)→ 6/14(金)

●参加のみの方(期日)
・予約参加申込み:8月23日(金)
・諸費用納付:8月23日(金)

●論文集発送
・大会終了後に大会準備委員会が購入者(費用支払済みの方)へ発送
ページのトップへ戻る