The Japanese Association for Behavior Analysis

What's New

新型コロナウイルスの特別措置法に基づく緊急事態宣言(全国拡大)を受けて


 “Organism is always right”の真意とは?
生きとし生けるものは、常に正しい。ヒトも、ウイルスも。
ここでの正しさとは「ある原理や法則に則っている」という意味での「正しさ」です。
また、行動分析学とは「行動」の原理や法則を探究している学問体系です。

行動変容の意味とは?
この新型コロナウイルスの災禍において、ヒトの行動変容が焦点の一つになっています。
ここでの行動変容とは、ある行動の生起頻度を下げて、別の行動の生起頻度を上げることです。
たとえば、外出行動を控えて、自宅でもできることを増やすといったことです。
また、手洗いの回数を増やし、顔を触る回数を減らすといったことです。

「コロナ疲れ」には、まだ早い
「なんと、呑気なことを言っているんだ!」とお思いでしょう。
しかし、危機感を煽ることで、かえって、誰かを責めたり、不確かな話に振り回されたり、確かな情報を探し続け、結局何も信じられなくなったりしていませんか。
そう、そろそろ疲れてきましたよね。
これからも、しばらくの間、このような状況が続くかもしれないのに。

“No Change, No Life”:もっと、シンプルに
もっと、シンプルに考えてみましょう。
私たちは、いま、状況が一変してしまった世界を生きています。
そのような世界で、多くの人が手応えを得られるような振る舞いや、それを支える新たなライフデザインをうまく見つけられていません。
そうだとしたら、それらをシンプルに考え、協力しながら、実際に試してみる。

こんなときだからこそ、行動分析学
そのようなとき、行動分析学がお役に立つかもしれません。
皆さんの近くにいる行動分析学を学んだことのある人と「行動変容チャレンジ」をいろいろと考え、試し、記録をとりながら、その結果を踏まえて、また考え直していく。
このような繰り返し自体を楽しんでみませんか。

Contingencyがもたらす災いと幸い
一人ひとりが、自分のためだけではなく、自分の大切な誰かのために、いますぐできる身近なことから、何かを始めてみませんか。

生きとし生けるものは、常に、正しい。
だからこそ、厄介で、そして、素晴らしい。


多くの命が守られ、多くの人の心身が健やかであることを。

2020年4月16日 理事長 武藤 崇
2019年8月-10月における台風及び豪雨等による災害で被災された会員の方々への会費免除措置について
 2019年8月-10月において発生いたしました台風及び豪雨等で被災された皆様に、一般社団法人日本行動分析学会を代表いたしまして心からお見舞い申し上げます。
また、一日も早い復旧・復興をお祈り申し上げます。
 この度、本学会では、被災された会員の皆様の「2019年度年会費の免除措置」を実施することにいたしました。
 該当する方は、事務局までご連絡ください(お手数をおかけして申し訳ございませんが、その際、被災証明書などのコピーをご提出いただくことをお願いいたします)。
 なお、既に2019年度年会費をお支払いいただいている場合には、その金額を2020年度の年会費とさせていただきます。
2019年11月1日
理事長 武藤 崇

2020.05.21 
第38回年次大会は、オンライン開催に変更されました New!
詳しくはオンライン開催のご案内をご覧ください。

2020.05.08 
Youtubeで視聴できる行動分析学の実験動画」を掲載しました。 New!

2020.04.30 
ニューズレター(2020年春号/ NO.98) New!

2020.04.09 
第38回年次大会 「大会予約参加申込期限」等の変更について
「予約参加申込期限」、「研究発表・公募企画シンポジウム採択通知」、「抄録原稿提出、および、諸費用納付期限(予約参加申込者)」が変更しました。
今後の主な予定をご覧ください。
詳しくは大会ホームページをご覧ください。
※新型コロナウィルス感染症の状況によっては、今後、スケジュール等に変更が生じる可能性がございます。

2020.04.03 
日本認知・行動療法学会第46回大会のお知らせ

2020.03.24 
学会誌『行動分析学研究』 Vol.34 No.2

2020.03.13 
行動分析学事典(2刷)に向けての修正について
以下の回答フォームより,行動分析学事典の検討点(軽微な)についての情報を広く収集いたします。よろしくご協力のほごお願いいたします。
■ 回答フォームはこちらをご覧ください。 ( 詳しくはこちら

2020.03.01 
日本行動分析学会第38回年次大会は愛知大学で開催
【会期】2020年8月28日(金)〜8月30日(日)の3日間
【場所】愛知大学豊橋校舎(愛知県豊橋市)
※第1号通信は、大会事務局から発送いたしました。
※新型コロナウィルス感染症の状況によっては、今後、スケジュール等に変更が生じる可能性がございます。
詳しくは大会ホームページをご覧ください。

2020.01.31 
ニューズレター(2019年冬号/ NO.97)

2020.01.28 
2020年度「日本在住学生会員のABAI/SQAB参加に対する助成事業」のお知らせ(日本行動分析学会 渉外委員会)
日本行動分析学会では、次世代を担う学生会員の国際的な情報交流活動を推進するために、毎年、ABAIやSQABなどの国際学会参加を助成する事業を行っています。2020年度もこの事業を継続して実施します。
来年度の助成対象は2020年5月21日から25日に米国ワシントンD.C.で開催される ABAI第46回年次大会またはSQABです。
申請するためには、口頭発表、ポスター発表、シンポジウムやパネルディスカッションのスピーカーのいずれかであること、また口頭発表、ポスター発表では第一発表者であることが条件です。その他の条件については下記学会HPのURLから募集要項をご確認下さい。
応募〆切は2020年3月31日(消印有効)です。
学会HPからダウンロードできる申請書に必要事項を記入し、その他の資料とあわせて日本行動分析学会事務局まで郵送して下さい。

なお、2019年度の助成が実施されなかったため、例年は2名のところ2020年度は最大4名に対する助成を行う予定です。
また、助成額も1名につき75,000円であったものが、2020年度以降は100,000円に増額されます。学生会員の皆さまのABAI/SQABへの助成事業への応募をお待ちしております。
案内はこちらをご覧ください。

2020.01.22 
学会パンフレットが新しくなりました

第38回年次大会 in 愛知
Youtubeで視聴できる行動分析学の実験動画
「体罰」に反対する声明
日心連心理学検定

学会誌について

「行動分析学2019 Vol.34 No.2」を3/24(火)に会員の方々(会費未納者除く)にDM便で発送しております。

到着までに3、4日かかります。お手元に届かない方は、事務局までご連絡下さい。

入退会・変更のご案内

入会について

会費

入会までの手順

特別会員申請書

入会申込み

退会・変更手続き

事務局からのお知らせ

メール配信サービス、新システム移行にともなうメール受信確認のお願い New!

住所不明の方への郵送差し控えのお知らせ

事務手続きについて

刊行物のご案内

行動分析学事典

『行動分析学事典』
定価(本体20,000円+税)  
ご購入はこちらから

SSL グローバルサインのサイトシール