学会誌

『行動分析学研究』投稿規定

投稿規定

本誌の原著論文(Original Article)、論文(Article)、研究報告(Research Report)、実践報告(Practical Report)、テクニカルノート(Technical Note)、展望(Review)、討論(Discussion)、解説(Tutorial)欄に投稿を希望する方は、以下の事項を守ってください。なお「原著論文」という名称は、「論文」として投稿されたものの中で特に優れたものに対してつけられた名称です(別掲の『行動分析学研究』執筆の手びきを参照)。
  • 1. 各欄に投稿する原稿は、未公刊のものに限る。なお、文部科学省令(学位規則)により機関リポジトリ等にて公開されている博士論文については、未公刊のものとして扱う。博士論文以外の学位論文についても、学則等でリポジトリ公開が既定されている場合は、未公刊のものとして扱う。
  • 2. 投稿する原稿の内容と研究の手続きは、「日本行動分析学会倫理綱領」に従ったものでなければならない。3. 投稿原稿は、原則として日本語で書かれたものとする。ただし、編集委員長が必要と認めたものは、英語による原稿も受理する場合がある。
  • 4. 会員・非会員を問わず投稿できる。会員が投稿する場合、会費納入が前提である。非会員が第一著者として投稿する論文については、審査料5 千円を査読開始前に徴収する。さらに、論文が受理されたときには掲載料5 千円を徴収する。ただし、招待論文などについては編集委員長の判断でこの規定の適用外とすることがある。
  • 5. 各欄に投稿する原稿の長さは、本文、図表、引用文献、和文抄録、英文抄録を含めて、(原著)論文については本誌14 ページ、研究報告については本誌10 ページ、実践報告とテクニカルノートについては本誌7 ページ、展望については本誌20 ページ、討論については本誌4 ページ、解説については本誌20 ページを限度とする。
  • 6. 原稿印刷に際して、所定の枚数を越えるもの、あるいは特に費用を要するものは、執筆者の負担とする。また、抜刷は20 部を贈呈する。それを超えるものについては、執筆者の負担とする。
  • 7. 投稿は、原稿を電子ファイル形式で電子メールに添付して送付する。ファイルはWord およびPDF の両方を提出する。本文には通しの行番号をつける。匿名での査読を行うため、原稿からは著者名や所属など、著者を特定できる情報は削除する。図や表は原稿本文の挿入位置に配置する。図や表の電子化が不能な場合は、印刷図版を別途郵送する。この場合も、本文の原稿は電子メールで送付する。ファイルサイズが大きく、電子メールでの送信が困難な場合は、CD に記録し、郵送する。原稿とは別の電子ファイルとして、添付票(『行動分析学研究』執筆の手びきを参照)を提出する(Word)。
  • 8. 原稿が受理されたときには、著者名や所属などを記載した最終版の原稿(Word およびPDF)と、図や表の元データを提出する(Excel、PowerPoint、JPEG ファイルなど)。写真や画像データはJPEG またはPSD 形式で、出来上がりの大きさで350 dpi 以上の解像度で保存したファイルを提出する。
  • 9. 本誌に掲載された記事の原稿は、原則として返却しない。
  • 10. 原稿は、『行動分析学研究』執筆の手びきに準拠したものに限られる。
  • 11. 本誌に掲載された記事の著作権(著作財産権)は、日本行動分析学会に帰属する。著者本人を除き日本行動分析学会の許可なく記事を複製することはできない。記事の公衆送信(インターネット公開を含む)については、著者本人であっても日本行動分析学会の許可が必要である。ただし、著者本人が文部科学省令(学位規則)にもとづき博士論文、あるいはその一部として機関リポジトリ等において登録・公開することは妨げない。博士論文以外の学位論文についても学則等に定めがある場合はこれに準ずるものとする。
  • 12. 初校の校正時に、著者全員が、論文の著作権(著作財産権)を日本行動分析学会に帰属することに同意する「著作権確認書」に署名して提出する。
  • 2007年 3月18日改訂
    2010年10月22日改訂
    2013年 7月27日改訂
    2014年11月29日改訂
    2015年 2月22日改訂
【投稿原稿の送付先】

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-19 国際文献社内
『行動分析学研究』編集事務局 宛
Tel:03-5389-6492  Fax:03-3368-2830
 
Top Page